脱毛するなら光脱毛と医療レーザー脱毛どちらがおすすめ

公開日:2017/12/01 更新日:2019/07/08

脱毛に通いたいと思っているのなら、脱毛サロンでの「光脱毛」か、美容皮膚科・美容外科などの医療脱毛クリニックで行われる「医療レーザー脱毛」の、どちらかを選ぶと思います。

しかしこの2つ、いったい何が違うのでしょうか?自分にはどちらの脱毛方法がピッタリなのかも気になりますよね。

今回は、脱毛サロンで行われる光脱毛と、医療脱毛クリニックで行われる医療レーザー脱毛との違いやメリットとデメリット、光脱毛や医療レーザー脱毛をおすすめのしたい人のタイプまで、詳しく解説します。

「光脱毛」と「医療レーザー脱毛」の違いは照射パワー

「光脱毛」も「医療レーザー脱毛」も、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応する光を照射し、その光が熱エネルギーに変換することで毛根にダメージを与え、脱毛します。仕組みは同じです。

大きく異なる点は、機器から照射される光の照射パワー(波長)の強さです。

簡単に言ってしまうと、医療レーザー脱毛は単一の波長の光を狭い範囲で集中的に照射するため、パワーが強く短期間で脱毛の効果が発揮されます。

光脱毛は複数の波長が含まれた光を広範囲に照射するため、医療レーザーほどの威力がない代わりに値段がリーズナブルな事が多く、経済的な負担を抑えられます。

なぜこの違いがあるのかというと、日本では肌に光を照射し、毛乳頭や毛母細胞、皮脂腺開口部と呼ばれる部分を破壊して脱毛を行うことを医療行為としています。治療の一環としているため、看護師などの専門的な知識を持った人が照射を行う必要があります。

どちらも永久に生えてこない…というわけじゃない

光脱毛はあくまでも減毛であり、毛の生える力を弱くしていく脱毛方法であり、減毛です。

医療レーザー脱毛は厚生省から「永久脱毛」と名言することを正式に認められています。しかしこれは、本当に死ぬまで毛が生えてこないわけではありません。

「永久脱毛」とは、最後に脱毛の処置を行い、その1カ月後の毛の再生率が20%以下とされています。つまり、脱毛を完了したとしても、毛がまた生えてくるリスクは伴います。

医療レーザー脱毛でも、光脱毛でも、完了した後の定期的な自己処理は必要です。

永久脱毛に関してもっと詳しく知りたい人は【永久脱毛は二度と生えてこない!?】の記事を参考にしてください。

光脱毛と医療レーザー脱毛を徹底比較

先ほど、光脱毛と医療レーザー脱毛はパワーが違うとお伝えしましたが、それほどの程度違うのか気になりますよね。

一般的に脱毛に満足すると言われている、脱毛サロンと医療脱毛クリニックの回数を基本にして、光脱毛と医療レーザー脱毛の期間や痛みなど、いろいろな面を比較してみます。

◎光脱毛と医療レーザー脱毛の比較表

  光脱毛 医療レーザー脱毛
照射回数 12回 5回
必要な期間 約2年 6カ月~1年程度
マシンのパワー 最大20ジュール 最大60ジュール
痛み 弱い
パチンと輪ゴムで弾かれた程度
強い
麻酔を希望する人もいる
全身脱毛1回あたりの料金 1万5000円~2万円 8万円前後
ドクターサポート 提携の病院にて対応
※サポートがない場合もあり
医師が常駐しているので即対応
診察費用や薬代も無料が多い

※全身脱毛1回あたりの料金は「つるはだ」調べ
※全身脱毛料金は、顔とVIOが含まれている料金です。

この表を元に、次からは光脱毛と医療レーザー脱毛のさまざまな違いについて詳しく解説します。

施術回数の違い

光脱毛でも医療レーザー脱毛でも、脱毛機の出力はジュールという単位で表されます。ジュールは熱量のエネルギーの単位で、大きければ大きいほど、パワーが強いと言えます。

医療レーザーで使用されているマシンの出力は、最大60ジュールです。それ対し、光脱毛のマシンの出力は20ジュールです。

単純に計算して、医療レーザー脱毛は、光脱毛の約3倍のパワーがあることが分かります。

そのため、光脱毛の12回の照射が、医療レーザー脱毛なら5回の照射とほぼ同等になるのです。

また、脱毛は光の照射を毛の生え変わるシステム「毛周期」に合わせる必要があります。毛周期の中でも成長期と呼ばれる、ムダ毛が元気に生えている期間に光を照射することで効果が発揮されるので、通う頻度は2~3カ月に1回程度です。

毛周期に関してや、脱毛回数の詳細に関しては【脱毛のおすすめ回数は何回? 効果を出すおすすめの方法も伝授】を参照してください。

痛みの違い

光脱毛も医療レーザーも、光を熱エネルギーに変換して毛根にダメージを与えます。そして人間の体は、熱さを痛みとして捉えます。

上記で熱量のエネルギー(ジュール)についてお伝えしましたが、医療レーザー脱毛の60ジュールとは、温度にするとなんと200度前後です。光脱毛の20ジュールは、70度前後です。

つまり、医療レーザーは照射温度が高いため、痛みも強く感じます。

どちらの機械も光の照射は一瞬で、しかもメラニン色素のみに反応する光のため、肌の表面や肌の内部にヤケドをするようなことはありません。

ただし、肌の表面に剃り残したムダ毛があったり、肌の内部ではなく表面で反応してしまうため、ヤケドをすることもあります。

また、肌内部は軽い炎症状態になるため、照射前の肌が乾燥していると、赤みやヒリヒリするなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

そのため、脱毛サロンでも医療脱毛クリニックでも照射前に剃り残しがないかを確認をしてくれたり、照射後にしっかりと冷やしてくれたりなどのケアをしてくれます。

さらに医療脱毛クリニックでは、痛みに弱い人のために麻酔を行うこともできます。痛みの強く出る部位に麻酔クリームを塗ったり、笑気麻酔と呼ばれる麻酔のガスを吸ったりなど、医療脱毛クリニックにより扱っている種類もさまざまです。

麻酔は別途料金がかかることも多いので、痛みに弱く麻酔の使用を考えている人は、無料カウンセリングの時などに麻酔の料金も確認してください。

料金の違い

全身脱毛1回あたりの金額を比べてみると、医療レーザー脱毛は光脱毛のおよそ4倍! 医療レーザー脱毛の方が通う回数が少ないのですが、脱毛にかかる費用の総額を比べてみても、約2倍となり、医療レーザー脱毛はかなりの高額です。

その理由として、光脱毛を行う脱毛サロンは近年増加傾向にあるため価格競争も激しく、料金は値下がりしています。また季節ごとのキャンペーンも多く、脇だけなら通い放題で数百円など、驚くほどの低料金で脱毛サロンに通うことができます。

一方、医療脱毛クリニックは脱毛マシンの照射のパワーが強いこと、医師が常駐していることなどから、価格はやはり高くなります。

また、あまりキャンペーンをすることはなく、費用もこの数年を見る限り、脱毛サロンに比べてさほど大きな変動はありません。

しかし最近では、脱毛を専門とした医療脱毛クリニックの登場や、お得な料金で全身脱毛を行えるプランを用意してくれることも多く見られるようになってきました。今後の値下がりに期待できます。

光脱毛のメリットとデメリット

光脱毛と医療レーザー脱毛の違いを理解できたと思いますので、今度はそれぞれの脱毛方法のメリットとデメリットを確認しましょう。 まずは光脱毛のメリットとデメリットです。

光脱毛のメリット

医療レーザー脱毛よりもパワーが弱いですが、その分肌に優しく、痛みも少ないです。通常、輪ゴムでパチンと弾いたような痛みと表現されます。

そのため、痛みが原因で光脱毛を断念したという人はほとんどいません。

脱毛1回あたりの料金も医療レーザー脱毛よりリーズナブルです。全身脱毛1回あたりの料金相場は1万5000円~2万円です。

照射後のアフターケアに力を入れていることも多く、美肌効果やスリム効果に期待できる成分が含まれた保湿ジェルでお手入れをしてくれるなど、エステサロンに行く感覚と同じように通うことができます。

大手チェーンの脱毛サロンになれば、大きなターミナル駅はもちろん、日本各地に店舗を出しており、同時に複数の店舗を自由に選んで通うこともできるので、通いやすいと言えます。

光脱毛のデメリット

一般的に脱毛に満足するまで、平均して2年程度の長い期間がかかります。 また、医師が常駐しているわけではないので、何か肌トラブルを起こした場合もすぐに対応はできません。

ドクターサポートがある脱毛サロンであれば、スタッフ同伴で提携医院などに行くことも可能です。 麻酔なども行えません。薬を服用している場合はかかりつけの医師または薬剤師に脱毛の旨を確認し、許可をもらう必要があります。

医療レーザー脱毛のメリットとデメリット

次は、医療レーザー脱毛のメリットとデメリットです。

医療レーザー脱毛のメリット

光脱毛に比べパワーが強いため、照射1回あたりの効果も高く、脱毛完了まで脱毛サロンの約半分程度の時間で脱毛を完了させることができます。

脱毛サロンで光脱毛をしていたけれど効果に満足できず、1回の照射パワーが強い医療脱毛クリニックの医療レーザー脱毛に乗り換える人もいます。

また、医師が常駐しているので、トラブルがあってもすぐに対応してくれるので安心です。

医療レーザー脱毛のデメリット

料金が光脱毛よりも高価です。全身脱毛1回あたりは脱毛サロンの4倍、総費用なら2倍程度になってしまいます。

また、光脱毛に比べ照射のパワーが強いため、痛みを強く感じます。口コミなどを見ると、痛さのあまり医療脱毛クリニックでの施術を断念し、脱毛サロンでの光脱毛に変更したという人もいます。

しかし、痛みの対策として医療脱毛クリニックでは麻酔を行うことができます。麻酔はクリームタイプやガスを吸うタイプなどさまざまです。

料金も医療脱毛クリニックにより異なりますが、1回1000円から3000円程度が相場です。

全国展開をしている医療脱毛クリニックが少なく、大手の有名な医療脱毛クリニックは都市部に集中しています。

あなたにおすすめの脱毛方法はこちら

それぞれの違い、メリットとデメリットを説明してきましたので、ここでスバリ、光脱毛におすすめの人と、医療レーザー脱毛におすすめの人をお伝えします!

光脱毛がおすすめの人

・痛みにはめっぽう弱い
・時間がかかってもいいから、1回の金額を抑えたい
・結構田舎に住んでいる

光脱毛ができるおすすめ脱毛サロン

光脱毛がいい!と思っても、いろんな脱毛サロンがあるので悩みますよね?

「つるはだ」厳選のおすすめ脱毛サロンを紹介します!

銀座カラー

顔もVIOも含んだ、全身脱毛し放題なので、満足するまで脱毛に通うことができます。

また、オプションの美肌潤美は皮膚科医と共同で開発を行い、脱毛効果をアップしながら潤いのある肌にしてくれるとして、脱毛だけでは物足りない欲張りな女性に好評です。

>>銀座カラーの口コミを見る<<

シースリー

360度全身脱毛として、顔から足先まで脱毛し放題で人気の脱毛サロンです。

満足するまで脱毛した後は「脱毛品質保証書」を発行し、将来的にもし毛が生えてきてしまっても、追加料金なく脱毛サロンに通うことができます。

豪華なホテルのようなインテリアや、クローゼット完備の個室での脱毛処理など、非日常感あふれるインテリアも魅力です。

キレイモ

モデルやタレントが数多く通う脱毛サロンとして有名な「キレイモ」。全身脱毛専門サロンの先駆けであり、全身をくまなく脱毛したいという女性に人気です。

また、脱毛の仕上げに使用する保湿ローションには、肌の引き締め効果が期待できる成分が含まれているので、脱毛+スリムアップができます。

全国に45店舗以上を展開し、どの店舗へも自由に通うことができます。

医療レーザー脱毛がおすすめの人

・高くてもいいから早く脱毛を完了したい
・痛くてもいいから1回の効果が大きい方がいい
・都会に住んでいる(近くに院がある)

医療レーザー脱毛ができるおすすめ医療脱毛クリニック

医療レーザー脱毛をしたい!と思っても、どの医療脱毛クリニックにすればいいのか困りますよね。

「つるはだ」厳選のおすすめ医療脱毛クリニックを紹介します!

レジーナクリニック


2017年に大阪梅田院を開院し、現在は北海道、東京、大阪、福岡に5院以上を展開。着々と全国展開を進めている女性専門の美容系医療脱毛クリニックです。

初診料や再診料などを0円にしている医療脱毛クリニックは多く見かけますが、レジーナは麻酔代も0円なので、痛みが強く感じられるVIOや顔などのデリケートな部位も安心して施術を受けられます。

アリシアクリニック

首都圏に10院以上を構える、医療脱毛メインのクリニックです。

すべての院がターミナル駅に展開し、最寄り駅から徒歩5分とアクセスも便利。院の移動も自由なので、通いやすいとも言えます。

「VIO付き 全身8回スピード完了プラン」ほか、全顔セット、VIO脱毛セット、腕脱毛セットなど、人気部位を組み合わせたお得なプランが豊富に用意されています。

この記事のまとめ

「光脱毛」と「医療レーザー脱毛」の違いについて、詳しく説明してきました。

痛みが少なくリーズナブルに脱毛したいなら「光脱毛」、なるべく早く短期間で効果的に脱毛したいなら「医療レーザー脱毛」をおすすめします。

どうしてもどちらにしようか決められないという場合、まずはキャンペーンなどを利用して脱毛サロンでの光脱毛や医療レーザー脱毛を体験してみるという方法もあります。

脱毛は1回限りでは終わりません。脱毛サロンや医療脱毛クリニックを決めたら、何度も足を運び、照射を受けることになります。

後悔しないよう、自分にいちばん合う脱毛方法をしっかり選んでください。

この記事を書いた人
シュガー
シュガー
好奇心旺盛な20代前半の小娘です♡『つるはだ』のライターになってから脱毛に興味を持ち、現在は「恋肌」の18回コースで全身脱毛真っ最中!いろいろ体験しているからこそわかる、リアルな体験レポを書いています。