プロにお任せしたい腕脱毛おすすめの脱毛サロンと医療脱毛クリニック

公開日:2017/12/08 更新日:2019/07/01

春先から夏の露出時期ばかりでなく、ふとした時の腕まくりなど思いもしないタイミングで素肌をさらす危険のある部位、それが「腕」です。

体のなかでも比較的自分で処理することが簡単な場所なので、ワキと同様に頻繁に処理をしている人も多くいます。

しかし自分で処理をしているからこそ、肌トラブルをよく耳にする部位でもあるため、「つるはだ」では脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛をおすすめします。

今回は腕脱毛の範囲の詳細から必要な回数や期間、メリット・デメリット、おすすめの脱毛サロンや医療脱毛クリニックまで紹介していきます。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで細かく分類される腕脱毛を詳しく解説

腕脱毛の範囲

腕は基本的に、「ヒジ上」「ヒジ下」の2つの部位に分類されます。

「ヒジ上」は、肘付近から肩の側面部分まで、「ヒジ下」は肘付近から手首までとしていることが多く、肘自体はどちらかに含まれている場合もあれば、脱毛範囲に含まれていない場合もあります。

もしヒジの脱毛を希望するのであれば、必ず無料カウンセリングなどで確認してください。

ちなみに、脇や手の甲、指は腕の脱毛範囲には含まれません。

腕脱毛完了までの回数と期間

照射ペースは2~3カ月に1回

脱毛サロンでの光脱毛でも、医療脱毛クリニックの医療レーザー脱毛でも、毛周期という毛の生えかわるサイクルに合わせて照射する必要があります。

その中でも成長期と呼ばれる時期に照射を行わないと効果がないため、2カ月~3カ月に1回のペースになります。

期間は約4カ月~2年以上

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで、ほぼ自己処理がなくなるまでの照射回数は以下になります。

◎脱毛サロンの場合

照射回数の目安 12回以上
期間の目安 2年以上

 

◎医療脱毛クリニックの場合

照射回数の目安 5回
期間の目安 約1年

腕のムダ毛は産毛のように、細くて色の薄い毛が生えている人が多いため、しっかりとした回数が必要になります。

医療脱毛リニックでの医療レーザー脱毛の場合、脱毛サロンで行われる光脱毛よりも照射するパワー(出力)が強いので、照射回数は少なくなっていますが、それでも1年程度はかかってしまいます。

1回の処理にかかる時間

◎ヒジ下やヒジ上のみを脱毛する場合
1回の処理にかかる時間は30分程度です。

ヒジ下よりもヒジ上の方が脱毛する面積が広いため、ヒジ上は30~40分程度かかることもあります。

しかし、形状もシンプルで脱毛マシンや医療レーザー機器を動かしやすいので、連射ができるような早いマシンであれば15分程度で完了する場合もあります。

◎腕全体に照射する場合
1回の処理にかかる時間は50分~1時間程度です。

腕全体を脱毛する場合、やはり面積が大きくなるため結構な時間がかかってしまいます。

さらにヒジが含まれるのですが、ヒジは皮膚が柔らかく、形も球体のため照射面を細かく動かす必要があるため、照射に時間がかかります。

連射式の機械を使用する場合でも、やはり1時間弱程度は見ておくといいです。

実際にかかる料金を脱毛サロンと医療脱毛クリニック別に紹介

人気脱毛サロンの腕脱毛料金

脱毛サロンで脱毛する場合、ヒジ上やヒジ下は部分脱毛のLパーツに分類されることが多いです。

◎脱毛サロンのヒジ上・ヒジ下の脱毛料金

サロン名 プラン名 料金 1回あたりの料金
ストラッシュ 部分脱毛Lパーツ18回 9万3030円 1万336円
ミュゼ フリーセレクト美容脱毛Lパーツ(4回) 1万8000円 4500円
TBC・エピレ チョイスプラン
Lコース
1回
6000円
6回
2万6400円
12回
4万9800円
4400円(6回)
4150円(12回)
ジェイエステティック 腕2箇所プラン 1万8000円(4回) 4500円
脱毛ラボ 単発脱毛プラン 2500円(ヒジ上)
3000円(ヒジ下)
2500円(ヒジ上)
3000円(ヒジ下)
平均金額(相場) 5247円(ヒジ上)
4347円(ヒジ下)

ジェイエステティックの「腕2箇所プラン」は、両ひじ下と両手の甲&指がそれぞれ4回行えるプランです。

脱毛ラボの単発プランのヒジ上は、肩まで範囲が含まれています。

サロン毎にプランの回数が異なるため、1回あたりの料金で比較します。

ヒジ上の脱毛1回あたりの料金相場(平均金額)は5247円、ヒジ下の脱毛1回あたりの料金相場(平均金額)は4347円になります。

ヒジ下よりもヒジ上のほうが費用が若干高いのは、肩などを含めた範囲が大きくなるためです。単発で両方をの脱毛を行った場合、9710円になります。

次は、腕全体のセットプランで比較します。

腕全体の脱毛でセットプランがある脱毛サロンは、ミュゼ、エピレのみです。

◎脱毛サロンの腕脱毛セットプラン料金

サロン名 プラン名 料金 1回あたりの料金
ミュゼ 全身脱毛コースバリュー
うでプラスコース(4回)
6万3000円
(アプリ特典価格)
1万5750円
エピレ 19部位から選べる
2カ所脱毛プラン
980円 980円

 

ミュゼはヒジ上とヒジ下に加え、2~3カ所を選んで脱毛できる4つのコースがあります。さらに、両ワキとVラインの脱毛し放題が特典としてプレゼントされるため、他にも脱毛したい部位がある人におすすめです。

エピレの980円のプランは、1回限りの体験プランです。2回目以降はヒジ上やヒジ下と同様に、チョイスプランLパーツになります。

腕脱毛のプランは手の甲や指など、ほかの部位も脱毛できるようになっていることが多いため、実質はもっと安値で脱毛できることになります。

人気医療脱毛クリニックの腕脱毛料金

次に、人気医療脱毛クリニックの腕脱毛の料金をまとめてみます。

◎医療脱毛クリニックのヒジ上・ヒジ下脱毛料金

クリニック名 プラン名 料金(5回) 1回あたりの料金
レジーナクリニック 部位脱毛プラン 3万9000円 7800円
アリシアクリニック セレクトプラン ヒジ上
5万9260円
ヒジ下
4万4445円
ヒジ上
1万1852円
ヒジ下
8889円
リゼクリニック 部位脱毛プラン 二の腕
4万9800円
ひじ~手首
3万9800円
二の腕
9960円
ひじ~手首
7960円
平均金額(相場) 4万9353(ヒジ上)
4万1081円(ヒジ下)
9870円(ヒジ上)
8216円(ヒジ下)

医療脱毛クリニックのヒジ上の5回の料金相場は4万9353円、ヒジ下の5回の料金相場は4万1081円です。

ヒジ上の1回あたりの料金相場は9870円、ヒジ下の1回あたりの料金相場は8216円です。脱毛サロンのそれぞれの料金相場と比較すると、約2倍程度になります。

今度は、医療脱毛クリニックの腕全体セット料金で比較します。

◎医療脱毛クリニックの腕脱毛セットプラン料金

クリニック名 プラン名 料金(5回) 脱毛範囲
レジーナクリニック 腕脱毛セット 7万2000円 ヒジ上、ヒジ下、手指・甲
アリシアクリニック セレクトプラン 8万3334円 両ヒジ上、両ヒジ下、手指・甲
リゼクリニック 腕全体セット 7万5800円 二の腕、ひじ~手首、手指・甲
平均金額(相場) 7万7044円

腕脱毛のセットの場合、手指・甲を含んだ設定になります。

5回セットの料金相場は7万7044円、1回あたりの料金相場は1万5408円です。

腕の自己処理をおすすめしない理由

腕のムダ毛を剃ったり抜いたりなどの自己処理をしていると、黒や赤のブツブツができてしまうことが多くあります。せっかくムダ毛を処理したのに、肌状態が悪くなれば、肌を隠す洋服ばかりを選ぶはめになってしまいます。

それって本末転倒ですよね。

なぜ腕のムダ毛の自己処理は肌トラブルが出てしまうのか、おすすめしない理由をお伝えします。

黒いブツブツができる

腕はカミソリでムダ毛処理をする人が多いと思いますが、黒いブツブツができてしまったという人も少なくありません。

その黒いブツブツの原因は、毛穴の中に埋まっているムダ毛です。カミソリでは肌の表面にあるムダ毛は除去できますが、毛穴の中のムダ毛までは処理できません。

しかも、カミソリで処理をしたムダ毛は先端が平面になってしまっているので、少し伸びてくると毛穴の中の毛が見えやすくなり、黒いブツブツができたように見えてしまいます。

カミソリで処理を続けていると黒ずみの原因になることも

カミソリでムダ毛を処理すると、目には見えない傷を皮膚にたくさんつけてしまいます。肌のダメージが蓄積すると、肌の表面を守ろうと脳はメラニン色素を体内に生成するため、肌が徐々に黒ずんできます。

そして、肌はターンオーバーという周期で細胞が生まれ変わるのですが、この生まれ変わりがうまくいかなくなると、色素沈着や黒ずみになってしまうのです。

さらに、カミソリで処理をした毛先は切り口が尖り、チクチクと肌を刺激するため、肌荒れや肌トラブルの原因にもなってしまいます。

ニキビや埋もれ毛を引き起こす

毛抜きで無理に毛を抜いたり、カミソリで剃るたびに皮膚を傷つけることを繰り返していると、毛穴に雑菌が侵入してニキビになったり、埋もれ毛になったりします。

埋もれ毛とは、本来は皮膚の外に生えてくるはずの毛が、皮膚の中に埋もれたまま毛が伸びてしまう症状のことで、肌が鳥肌のようにブツブツと盛り上がり、黒い斑点状になってしまうことです。

埋もれ毛がひどくなると、埋没毛になってしまったり、肌の炎症を引き起こします。

赤くヒリヒリとしたカミソリ負けを起こす

平らに見える肌も、毛穴により細かな隆起やへこみがあります。そのため、どんなに気をつけていても、細かな傷をつけたり、肌の角質を削ぎ落とし過ぎてしまったりしてしまいます。

カミソリ後の傷ついた肌は、刺激を多く受けてしまうことになり、赤みを帯びてヒリヒリと痛痒い状態になってしまいます。これがカミソリ負けです。

これらすべての症状は、自己処理によるものです。どんなに気をつけて自分で処理をしても、多少なりの肌トラブルは発生してしまいます。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛をすれば、肌トラブルを起こさず、自己処理手間も軽減できるため、常にきれいな肌状態を保つことができます。

腕脱毛のメリットとデメリット

腕脱毛のメリット

肌トラブルのリスクや面倒な自己処理から解放

すぐ上の【腕の自己処理をおすすめしない理由】でもお伝えしましたが、自分でムダ毛を処理することは、肌トラブルを起こすリスクも高く、とても面倒です。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛してしまえば、自己処理が必要のない程度までムダ毛を減らすこともできます。

肌トラブルを改善し、美肌効果にも期待

頻繁な自己処理をしていた肌は、紫外線などさまざまな外的要因から守っていた角質を必要以上に取り除いてしまうため、肌が乾燥していたり、肌荒れや黒ずみを起こしていたりする人が多いです。

脱毛サロンであれば、アフターケアに力を入れていることが多く、保湿効果や美肌効果の高いローションでスキンケアが脱毛とセットになっていることが多いです。

また、医療脱毛クリニックでも、脱毛で肌にトラブルがあった場合には医師の診断が受けられたり、薬を処方してくれたりなど、医療機関ならではのケアをしてもらうことができます。

自分では処理しにくい部分までキレイにできる

利き腕ではない方の手を使用して処理をすると、肌を傷つけてしまったり、処理がまばらになってしまったりします。

また、二の腕の裏側は自分の目で見ることが難しく、さらに手も届きにくいので処理がしづらい部位です。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛をすれば、自分では処理しにくい部分までキレイにムダ毛を処理することができます。

油断していてもいつでも腕を出すことができる

腕はふとした時に人の目に触れる場所です。処理をする必要があるのは半そでの季節だけではありません。

長袖を着ているからムダ毛を処理しなくていいか…と油断していると、腕まくりをした時などに恥ずかしい思いをすることになります。

腕のムダ毛をしっかりと手入れしておけば、いつでも、どんなときでも安心です。

腕脱毛のデメリット

脱毛をしている場所としていない場所の境目が気になる

腕のなかでもヒジ下はよく肌を露出をするため、ヒジ下のみの脱毛を行う人もいます。

しかし、自己処理の必要がないくらいまでヒジ下をしっかりと脱毛すると、脱毛していないヒジ上との境目が目立ってしまう場合もあります。

私は絶対に二の腕を出さない!という強い使命感のある人や、金銭的にどうしても厳しいという人でなければ、最初から腕全体を脱毛することをおすすめします。

硬毛化や多毛化することがある

医療脱毛クリニックの医療レーザー脱毛では、産毛の多い部分を脱毛すると、本当に稀ですが硬毛化や多毛化という毛が増えたり、毛が太くなったりという症状が出ることがあります。

硬毛化や多毛化の症状が出てしまった人は、脱毛をしている人全体の10%程度と、かなり少ないのですが、なぜ硬毛化や多毛化するのか、原因が今のところ判明していないため、残念ながら完全に防ぐことができません。

不安であれば、リゼクリニックが硬毛化や多毛化の保証制度を設けているので、こちらの医療脱毛クリニックを選ぶといいでしょう。

二の腕にブツブツがあると照射できないことも

痛くも痒くもないけれど、二の腕がいつもブツブツやザラザラとした状態になっている症状は「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」という皮膚疾患の可能性があります。

ブツブツやザラザラの色が薄い場合や、症状が軽い場合には照射が可能です。しかし、色が濃かったり、炎症を起こしたりしていると、照射をすることができません。

まず皮膚疾患の専門医の治療を受け、肌状態が改善してから脱毛をはじめてください。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ってなに?

腕の二の腕に、角化性丘疹(おろし金のような皮膚)になってしまう症状です。

思春期のときや10代~20代の女性に多く見られ、30代になると目立たなくなってきます。

原因はまだ判明されていませんが、遺伝的要因が強く、もし女性に子どもが3人生まれたとして、そのうちの1人は、この疾患を受け継ぐと言われています。

毛孔性苔癬の治療方法は、主に角質溶解剤やピーリングなどです。早期に適切な治療を行うことで改善されるそうなので、もし症状が当てはまるようであれば、早めに皮膚科を受診してください。

腕脱毛おすすめ脱毛サロン

ストラッシュ

プラン名 部分脱毛プランLパーツ(18回)
料金 9万3030円

Lパーツの範囲であれば、自由に組み合わせて通えるプランです。

ストラッシュは腕を細かく分類しているため、裏側などは脱毛する必要のない人は「両ひじ上表」と「両ひじ下表」などで組み合わせての脱毛でき、自由度が高い脱毛を行えます。

最新の脱毛方法「SHR方式」を採用しているため、痛みも少なく、日焼け肌などでも脱毛が可能です。

腕脱毛おすすめ医療脱毛

レジーナクリニック

プラン名 腕脱毛セット(5回)
料金 7万2000円

公式サイトには全身脱毛の料金のみが掲載されていますが、つるはだの調査によると、腕脱毛のセットプランも用意されています。

腕脱毛セットの脱毛範囲は、ヒジ上、ヒジ下、両手の指・甲です。

シェービングも無料でサポートしてくれるので、うっかり剃り残してしまっても、しっかり脱毛することができます。

アリシアクリニック

プラン名 腕脱毛セット(5回)
料金 8万3334円

ベーシックな5回プランに加え、8回プラン(12万円)や、脱毛し放題(15万27778円)の用意あり。

効果の出にくい産毛まで、徹底的に脱毛したい人におすすめです。

リゼクリニック

プラン名 腕全体セット(5回)
料金 7万5800円

腕全体に加え、両手の指や甲もセットになったプランです。部分脱毛でそれぞれ脱毛するより、4万3600円もお得に脱毛できます。

また、二の腕だけなら4万9800円、ひじ~手首なら3万9800円で脱毛も可能です。

この記事のまとめ

腕のなかでも、特にヒジから下は季節を問わず露出する機会が多く、人目に触れやすい部分です。自己処理をしている人も少なくありませんが、その分、肌トラブルに悩まされているという声をよく耳にします。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで腕脱毛をしてしまえば、肌トラブルも解消され、いつ触られても自信が持てるつるすべの腕を手に入れることができます。

脱毛部位としては、ヒジ下が人気なので、その部分だけを脱毛している人も少なくありません。しかし、脱毛している部分としていない部分の境目が目立つ可能性もあるので、ヒジ上からヒジ下まで、腕全体を一緒に脱毛することをおすすめします。

この記事を書いた人
シュガー
シュガー
好奇心旺盛な20代前半の小娘です♡『つるはだ』のライターになってから脱毛に興味を持ち、現在は「恋肌」の18回コースで全身脱毛真っ最中!いろいろ体験しているからこそわかる、リアルな体験レポを書いています。