うなじ・襟足脱毛におすすめの脱毛サロンと医療脱毛

公開日:2017/12/20 更新日:2019/05/07

髪をアップスタイルにした時や、ショートカットスタイルの女性の後ろ姿で気になる「うなじ」や「襟足(えりあし)」。

背中と同様に自分で処理することが難しく、しかもカミソリで切りすぎたなど、うなじのカタチに失敗したという残念な口コミもよく目にします。

うなじや襟のムダ毛を処理しようと思ったら、やはりプロの手を借りるのがベストな方法です。

今回は、うなじ・襟足脱毛のメリットやデメリット、キレイに見えるカタチ、おすすめの脱毛サロンや医療脱毛クリニックまで紹介していきます。

うなじ・襟足の脱毛を詳しく解説

うなじと襟足は脱毛では同じ意味

「うなじ」や「襟足」と言われると、何となく首の後ろあたりかな…ということはわかっていても、具体的にどの範囲を指しているのか、うなじと襟足では何が違うのかなどは、把握できていない人も多いと思います。

まず一般的に、「うなじ」や「襟足」の指す場所は以下になります。

うなじとは

首の後ろの部分。細くて短い毛が背中に向かって生えている。

襟足(えりあし)とは

首の後ろの、髪の生え際部分。うなじより太くて濃く、髪の毛よりも細くて薄い毛が上向きで生えている。

しかし、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛する際には、首の後ろの脱毛部位を「うなじ」という場合と「襟足」という場合がありますが、どちらも同じ範囲を指しています。

両耳の下から首の後ろの髪の生え際部分を上限、首を前に倒した時にいちばん出ている骨の近辺、肩との境界線になるTシャツの襟ラインあたりを下限としていることが多いです。

襟足の場合、髪の生え際をどことするか…は、脱毛サロンや医療脱毛クリニックでかなり異なります。

必ず「どこからどこまで脱毛してもらえるのか」を確認してください。

うなじ脱毛のメリットとデメリット

うなじ脱毛のメリット

首が長く見え、肌色もアップ

襟足を整えると、すっきりとした肌色部分が多くなるので首が細く、長く見えます。しかも、うなじの部分は産毛が密集している場所なので、思った以上に肌が暗く見えています。

うなじ脱毛をすれば、覆っていた毛がなくなるので肌色がワントーン明るくなり、後ろ姿の印象もアップします。

自分では処理しにくい部分をキレイに

うなじや襟足の毛は自分で見ることができないため、ひとりでキレイにシェービングするのはかなり難しいです。

無理にカミソリで処理をしようとすると、肌を傷つけるリスクがとても高いと言えます。

しかも、うなじや襟足は人目に付くことが多いので、単に剃るだけではなく、美しく見えるように形作る必要があります。

襟足のカタチに関しては、下記の【キレイな襟足の形とは】を参考にしてください。

肌に優しく脱毛しながら、美しいうなじになりたいのであれば、光脱毛や医療レーザーがおすすめです。

いつでも髪をアップスタイルに

花火大会やお祭りイベントでは浴衣を、結婚式や成人式、謝恩会などフォーマルな催しにはドレススタイルなど、女性は髪型をアップにする機会がたくさんあります。

また、学校や会社の大掃除の時、いつもは下ろしている髪をサッとまとめてポニーテールにすることも少なくありません。

うなじの脱毛をしていないと、バラバラと後れ毛が落ちてきてしまったり、うまくまとまらなかったりと、想像以上にだらしなく、年老いて見えます。

うなじや襟足の脱毛をしておけば、首周りがスッキリとするので、後ろから見た時にきちんとした印象を与えることができます。

自分の目で見えない部分って、想像以上に人に見られているものなの。女性は髪をアップしたり、まとめたりする機会も多いから、うなじ脱毛をしておくと印象はグンとアップするはずよ。
男性は女性のうなじが好きって、よく雑誌やネットで見るんですけどそうなんですか?
女性の色気をうなじで感じる男性は多いよ。キレイで華奢なうなじを見ると、やっぱりドキッとしちゃうよね。

うなじ脱毛のデメリット

皮膚が薄いので痛みを感じやすい

うなじや襟足は、全身のなかでも皮膚が薄くデリケートな部分です。また、体の背面にあり常に外気にさらされているので、知らない間に日焼けをしていることも多くあります。

特にアップスタイルが好きな人や、ショートカットの人は特に日焼けをして肌が乾燥してしまっているため、光脱毛や医療レーザー脱毛の光を吸収し、痛みを感じやすくなっています。

ただし範囲が狭く、15分程度で完了するため過度に心配する必要はありません。

また、照射に行くまでにしっかりと保湿を行うことで、痛みを軽減することもできます。

毛の太さがいろいろなので完了まで時間がかかる

襟足の毛は太くてしっかりとした毛が多く、うなじには産毛のように細く色素の薄い毛が生えています。

背中の毛の濃い人であれば、うなじにも馬のたてがみのように毛が続いていることもあります。

太さも濃さもさまざまな毛が、1つの部位の中に混在しているため、脱毛の効果を実感するまでに時間がかかる場合が多いです。

光脱毛や医療レーザー脱毛で脱毛に満足できる必要な回数に関しては、下記の【どれくらい通えばいいの?完了までの回数と期間】で詳しく説明しますので参照してください。

背中との境目が気になる

メリットでお伝えしたように、うなじや襟足を脱毛すると、首がすっきりと長く見え、肌色も明るくなります。

そのため、うなじや襟足だけを脱毛すると、背中との境目が目立ってしまう可能性が高くなります。背中脱毛とセットで行うのがおすすめです。

キレイな襟足のカタチとは

首が美しく見えるカタチは4種類

うなじや襟足の脱毛をするのなら、いま生えている余分なムダ毛だけを脱毛するだけではもったいない!

襟足には、首が美しく見える形 があります。脱毛を機会に、ステキな形に整えることをおすすめします。主な形は下記の4種類です。

舞妓さんがお手本M字型

美しいうなじや襟足を持っている人の代表と言えば、やはり舞妓さんです。

舞妓さんの襟足には、おしろいで「二本足」や「三本足」と呼ばれる化粧が施されています。このラインがあることで首が細長くなり、うなじが美しく見えると言われています。

このうなじを美しく見せるラインを参考にしたのがM字型です。首の中心部分をMの形に整えることで、女性らしさを演出してくれます。

また、M字型の応用としてMW型もあります。

M字の真ん中になる部分は大人になってから毛が生えてくるため、この部分まで処理してしまうと幼い印象になってしまうためです。

大人っぽい印象になりたい場合、真ん中の毛をわざと残すMW型がおすすめです。

自然な印象で首を長く見せるアーチ型


M字型よりも自然で、元の襟足の形を生かしつつ首を長くほっそり見せたい場合は、アーチ型をおすすめします。


M字型よりも柔らかく若々しい印象です。しかし子供っぽく見えてしまうこともあるので、脱毛サロンや医療脱毛クリニックのスタッフと相談してください。

手入れしている感を感じさせない上級者U字型


人間のもともとの襟足の形にもっとも近く、自然な形に仕上げたい場合にはU字型がおすすめです。アーチ型と同じく柔らかい印象を与えます。

パツンとまっすぐ!似合う人も限定される直線型

ショートカットの場合など、少しボーイッシュな印象に仕上げるなら直線型がおすすめです。

しかし、これはどの形より上級テクニックを必要とします。

また、もともとの襟足やうなじの形によっては、不自然に見えることや、首がたくましく見えてしまう可能性も高いです。

脱毛をはじめる前に、一度理髪店やシェービングで試してみて、どんな印象になるのかを確かめてから脱毛してください。

同じ形でも襟足の長さで印象が変化

例えば同じM字型でも、Mの部分を長くするか、短くするかで印象は全く違います。

髪が長く、襟が大きく開いた服を着ることが多い人は、襟足を長めにしたほうがエレガントな印象です。

逆に、髪が短く、襟付きのシャツなど首元が詰まった服を着ることが多い人は、服で隠れない程度に短くすると、すっきりキレイな印象になります。

どの長さがいいのか迷ったときには、普段の髪型や服装を考えてみてください。

うなじ脱毛や襟足脱毛の完了までの回数と期間

照射ペースは2~3カ月に1回

体毛には毛周期と言って、「成長期」→「退行期」→「休止期」と呼ばれる毛の生え変わるサイクルがあります。

脱毛をする場合、メラニン色素が強く毛母細胞も活発に働いている「成長期」の毛に照射するのがいちばん効果的です。

脱毛サロンでの光脱毛も、クリニックでの医療レーザー脱毛でも、この周期に合わせ2カ月~3カ月で1回のペースで照射を行います。

期間は約4カ月~2年以上

前にお伝えしたように、うなじや襟足は毛の太さや色の濃さがまちまちなので、脱毛サロンでの光脱毛でも、医療脱毛クリニックでの医療レーザー脱毛でも、効果が出るまでに時間がかりると言われています。

ただし、全くムダ毛のない状態がベストな脇や腕とは異なり、ある程度の毛が残っていたほうが自然で良いと考える人も多い部位です。

脱毛の状態をスタッフと相談しながら進めていくことをおすすめします。

以下は、ほぼ自己処理がいらなくなるまでの照射回数です。

脱毛サロンの場合

照射回数の目安:10回以上
期間の目安:1年6カ月以上

医療脱毛クリニックの場合

照射回数の目安:5回
期間の目安:約1年

1回の処理にかかる時間

脱毛サロンでも医療脱毛クリニックでも、1回の処理にかかる時間は15~20分程度です。

しかし、事前のシェービングを脱毛サロンや医療脱毛クリニックでしてもらうことが多く、襟足などはキレイな形をつくるため、狭い範囲ですが10分程度の時間が必要になります。

希望のスタイルがあるなら、理容室やシェービング専門サロンを活用しよう!
何度もお伝えしていますが、うなじや襟足は体の背面にあるため、自分では処理をするのが難しい部位です。

無理に自分で処理をしようとすると、カミソリで肌を傷つけてしまったり、剃りすぎて不自然になってしまったりと、失敗したという声をよく聞きます。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで照射をする前には、必ずシェービングを行う必要もあるので、無料でスタッフが剃ってくれるところを選ぶと失敗のリスクもなくおすすめです。

しかし、脱毛サロンや医療脱毛クリニックのスタッフはうなじや襟足の専門家ではありません。

もし希望のスタイルがある場合は、脱毛の効果が出始めるまで理容室やシェービングサロンなどで形を整えてから脱毛サロンへ行くほうが良いでしょう。

理容室やシェービングサロンの場合、うなじならば1回500円から2000円が相場です。

実際にかかる料金を脱毛サロンと医療脱毛クリニック別に紹介

人気脱毛サロンのうなじ・襟足脱毛料金

まずは、人気脱毛サロンのうなじ・襟足脱毛の料金を見てみましょう。

脱毛サロンでうなじだけを脱毛する場合、部分脱毛のSパーツに分類されます。うなじと表記されるよりも、襟足(えり足)と表記されることが多いです。

◎脱毛サロンのうなじ・襟足脱毛料金

サロン名 プラン名 プラン料金 1回の料金
銀座カラー デリケートチョイス1カ所8回 2万1000円 2625円
ストラッシュ 部分脱毛Sパーツ12回 3万2010円 2667円
平均金額
※相場
‐‐‐ 2646円

プランにより回数がまちまちなので、1回あたりの料金がいくらかを計算してから比較します。

うなじ1回あたりの料金の相場は2646円です。

少し前に、うなじの脱毛は10回程度が必要って言ってたじゃないですか?銀座カラーだと足りないってことになっちゃいません?
10回はあくまでも目安だから、8回だと絶対に足りない!というわけではないの。

人によって、うなじに生えているムダ毛の濃さも量も違うから、無料カウンセリングなどを利用してスタッフと相談するといいわ。

私はムダ毛が濃い方なので、足りないんじゃないか不安になっちゃうんです…。
銀座カラーは脱毛し放題プランもあるので、ムダ毛の濃い人やつるつるまで脱毛したい人におすすめよ。

人気医療脱毛クリニックのうなじ・襟足脱毛料金

今度は、人気医療脱毛クリニックのうなじ・襟足の料金をまとめてみます。

医療脱毛クリニックの場合は、襟足も含めて「うなじ」を表記されることが多いです。今回比較した医療脱毛クリニックのなかでは、アリシアクリニックのみ「えり足」と表記しています。

範囲はどの医療脱毛クリニックも変わりありません。

◎医療脱毛クリニックのうなじ・襟足脱毛料金

クリニック名 プラン名 プラン料金 1回の料金
アリシアクリニック セレクトプラン 2万7500円 5500円
レジーナクリニック 部位脱毛プラン 3万9000円 7800円
平均金額
※相場
3万3250円 6650円

脱毛サロンと異なり、医療脱毛は基本的に5回セット料金です。

うなじ脱毛に関しては、アリシアクリニックがとてもリーズナブルです。

医療脱毛クリニックのうなじ脱毛5回セットの料金相場は3万5433円、1回あたりの料金相場は6650円です。

うなじ・襟足脱毛におすすめの脱毛サロン

銀座カラー

プラン名 料金
デリケートチョイス1カ所8回 2万1000円
POINT!

8回の脱毛が行える部分脱毛プランです。満足するまで何度でも通える「脱毛し放題プラン:3万7600円」もあります。

えり足はもちろん、背中から腰など後ろ姿をフルカバーして脱毛するなら、全身ハーフ脱毛がおすすめです。

ストラッシュ

プラン名 料金
部分脱毛プランSパーツ12回 3万2010円
POINT!

うなじの脱毛は、部分脱毛のSパーツで対応可能です。12回セットは、満足したら他の部位に切り替えることもできます。

メラニン色素に働きかけるのではなく、バルジ領域という毛の生える仕組みにダメージを与え脱毛する最新の脱毛方法「SHR方式」を採用しています。

そのため、産毛のような細くて色の薄い毛も、日焼け肌などでも脱毛を行うことができます。

また、うなじは皮膚が薄く、比較的痛みを強く感じる部位ですが、SHR方式であればほぼ痛みなく照射をうけることができます。痛みに弱い人にもおすすめです。

うなじ・襟足脱毛おすすめ医療脱毛クリニック

アリシアクリニック

プラン名 料金
セレクトプラン:5回 2万7500円
背中+えりあし脱毛セット:5回 10万3200円
POINT!

部位脱毛で「えり足」を脱毛すると、5回2万7500円とクリニックの中でもダントツの安値です。

また、うなじはもちろん、背中や腰までセットになった「背中+えりあし脱毛セット」なら、継ぎ目のない美しい後ろ姿を手に入れることができるので、こちらのプランの方がおすすめです!

月額3300円から通うこともできます。

レジーナクリニック

プラン名 料金
部位脱毛プラン:5回 3万9000円
POINT!

うなじの脱毛は、部分脱毛プランで「首」をセレクトすることになります。契約時に5回すべての予約を一気に行えるので、予約がスムーズなのも魅力です。

公式サイトには全身脱毛の料金のみが掲載されていますが、つるはだの調査によると、部位脱毛の対応もしてくれます。

うなじは自分でのシェービングが難しい部位ですが、シェービングの無料サポートがあるので安心です。

また、皮膚が薄かったり毛がしっかりしていたりと痛みを感じやすい部位でもあるのですが、麻酔が0円なので、痛みに弱い人におすすめです。

この記事のまとめ

うなじや襟足は自分で直接見ることができず、しかもアップスタイルにしないと露出することも少ないため、あまり気にしてないという女性が多いです。

女性が何気なく髪をアップにする仕草や、浴衣姿などのうなじにドキッとする男性も多く、気づかないうちに人に見られている部位ですので、早めに脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛してしまいましょう。

脱毛サロンであれば銀座カラーストラッシュ、医療脱毛クリニックであればアリシアクリニックレジーナクリニックがおすすめです。

キレイに処理をしておくと、首周りがすっきりして爽やかな印象になります。

また、うなじや襟足だけをキレイに脱毛すると、背中との境目が気になってしまったという声もよく聞きます。背中の脱毛をどうするかも、一緒に検討してください。

背中の脱毛が気になる人は【自分じゃできない背中脱毛におすすめ脱毛サロンと医療脱毛クリニック】も読んでみてください。

この記事を書いた人
シュガー
シュガー
好奇心旺盛な20代前半の小娘です♡『つるはだ』のライターになってから脱毛に興味を持ち、現在は「恋肌」の18回コースで全身脱毛真っ最中!いろいろ体験しているからこそわかる、リアルな体験レポを書いています。